繊維とは(衣料用繊維)

繊維とは細い糸状の物を言い、布や紐、衣服の材料となります。

また、繊維の定義は、配向性のある鎖状高分子の集合体で結晶質と非晶質からなるものをいいます。

形態の基本的性質としては、細長いもの、すなわち太さに対して長さが極めて大きいものといえます。いわゆるアスペクト比の値としては1:1000が、その目安といわれています。

また、繊維は科学的に安定した物質です。自然に放置しておいても分解しにくく、動物によっても消化されにくいです。

繊維(衣料用繊維)の分類としては、おおまかにいうと天然繊維化学繊維があります。

 

天然繊維

植物繊維、動物繊維、鉱物繊維など

化学繊維

合成繊維、半合成繊維、再生繊維、ガラス繊維、炭素繊維、人造鉱物繊維など

 

家庭用品品質表示法による繊維の名称を示す用語はこちらです。↓(消費者庁HP)

http://www.caa.go.jp/hinpyo/guide/fiber/fiber_term.html

 

ゴムひも関連でいうと、ポリウレタン弾性繊維は繊維なので、混率を表示する必要がありますが、天然ゴムは繊維ではないので、混率の欄に表示する必要はありません。

 

繊維製品の表示について(混用率の表示)は、こちらです。↓(消費者庁HP)

http://www.caa.go.jp/hinpyo/guide/fiber/fiber_show.html

コメントは受け付けていません。