「ゴムひも」の耐塩素試験について

天然ゴムのテープ(シート状)⇒エムロンテープや、ポリウレタン使用の平ゴムと、天然ゴム糸使用の平ゴムで、耐塩素の試験をしてみました。

【1】塩素処理水に対する平ゴムの保持率試験                

 ●塩素濃度 50ppm

 測定条件   ●定速伸長形引張試験機                   平成16年1月8日
●つかみ間隔: 10cm               (財)日本化学繊維検査協会
●引張速度: 90cm/min                        大阪事業所
●設定伸度: 100%

1、濃度「50ppm」の中60分浸漬後

品名            30%伸長時保持率(%)    50%伸長時保持率(%)
エムロンテープ19mm幅       103              102
ポリウレタン使用8Cゴム     90.6             94.8       
気谷8コールゴム         98.6             98.8      

 

1、濃度「50ppm」の中120分浸漬後

商品名            30%伸長時保持率(%)    50%伸長時保持率(%)
エムロンテープ19mm幅       107              105
ポリウレタン使用8Cゴム     87.0             90.3       
気谷8コールゴム         102.0             99.6      

 

1、濃度「50ppm」の中180分浸漬後

商品名            30%伸長時保持率(%)    50%伸長時保持率(%)
エムロンテープ19mm幅
ポリウレタン使用8Cゴム     85.4             88.1       
気谷8コールゴム         104.0             103.0      

 

【2】塩素処理水に対する平ゴムの保持率試験       

【試験日:2007.6.4】                 

 ●塩素濃度 100ppm    水温 : 35±1℃   水流あり

 試料設置角度  直角(水流に対して)
試料設置伸度  15%伸長させて浸漬
試験   1サイクル=(1日6時間浸漬⇒水洗い⇒乾燥)

 試料本数  1サイクル 3本
         3サイクル 3本
         5サイクル 3本

 測定条件   ●定速伸長形引張試験機
●つかみ間隔: 10cm
●引張速度: 10cm/min
●設定伸度: 100% 5回繰り返し

           数値は50%伸長時 5回目の3本の平均値

 

商品名                 往時(保持率%)    復時(保持率%)
気谷10C-E52(天然ゴム)     88.3             86.1
気谷HC10C-E52(天然ゴム)    91.0            89.2       

気谷10C-LCE(ポリウレタン)   43.3             42.8      
エムロンテープ M7.9         100.5             100.6      
エムロンテープ S7.9          90.7             88.0      

 

水着用衣料や滅菌加工をするリネン用衣料に使うゴム類は、「耐塩素」という観点から見て「天然ゴム系」の方が耐久性には優れている。

 

 

コメントは受け付けていません。