ホルムアルデヒド(ホルマリン)について(衣料用資材の場合)

ホルムアルデヒドは、以前は、防腐・殺菌剤として衣料用資材に含まれていることもありましたが、現在(日本国内製造品では基準値以下が当たり前)ではほとんどの製品が基準値以下と言えます。

水溶液となると、ホルマリンと言います。

繊維製品の場合、特にベビー用品については、基準が厳しくなっています。

ゴム紐の場合でも、時に、ホルマリン試験をして欲しいとの要望がありますが、ポリエステル、ナイロン、天然ゴム、ポリウレタンなどの素材はもちろん、仕上樹脂等のもホルムアルデヒドは含まれていませんので検出されるということはありません。

 

ホルムアルデヒドについて、「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」では下記の通りの基準を定め、これらの基準を超える製品の流通防止を図っています。

ホルムアルデヒドの規制
対象家庭用品 規制値
乳幼児用

(生後24ケ月以内)

繊維製品

(おしめ・カバー,ヨダレカケ)

下着

(シャツ,パンツ,ズボン下)

中衣(ワイシャツ,ブラウス)

外衣

(スーツ,セーター,スカート)

手袋、靴下、

寝衣(ねまき,パジャマ)

寝具(枕,布団,毛布)

帽子

検出限界

以下

 

 

16ppm

以下

子供用・大人用繊維製品(下着(シャツ、パンツ、ズボン下等)、手袋、靴下、寝衣(ねまき、パジャマ等) 75ppm以下
接着剤(かつら、つけまつげ、靴下止め用) 75ppm以下

 

ホルムアルデヒドの記事(ウィキペディア)の記事は、こちらです。⇓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%92%E3%83%89

遊離ホルムアルデヒド試験の記事(カケン)は、こちらです。⇓

http://www.kaken.or.jp/exam4qc/guide02/free_formaldehyde/

コメントは受け付けていません。