天然ゴムアレルギー(ラテックスアレルギー)について

気谷のコールゴムや丸ゴム、織ゴムなどのゴムひもには、弾性糸に、天然ゴムを使用するものもあります。

天然ゴムアレルギーの心配はないですか?と時々聞かれることがあります。

ゴムひもの場合は、ポリエステル糸やナイロン糸等に覆われているので、(糸が切れてホツレない限り)天然ゴムが直接、肌に触れることはないので、基本的には天然ゴムアレルギーの心配はありません。(確実な安全性のためには、ポリウレタン弾性糸使用という選択をされる場合もあります)

天然ゴムは、実際に、マスクゴムやヘアーゴムなど直接、肌に触れる製品にも普通に使われています。

 

天然ゴムアレルギー(ラテックスアレルギー)は、100%天然ゴム使用の製品で直接肌に触れることによって起きる症状のようです。

製品としては、医療用では、医療用手袋、尿や血管に入れる管であるカテーテル、絆創膏など。家庭用品では、炊事用手袋、ゴム風船、輪ゴム、コンドーム等の日用品などです。

天然ゴムアレルギー(ラテックスアレルギー)の症状は、「接じんましん」です。手袋などが接した部分が痒くなったり、赤くなったり水疱ができたりします。時には、全身に広がったりします。

またさらに、アナフィラキシー・ショックに移行する場合もあります。喘息や呼吸困難、血圧低下、嘔吐、腹痛といった重大なアレルギー症状が起こる場合があります。

 

対策としては、天然ゴム製品の使用を回避するというのがベストのようです。(ポリウレタン製の手袋等を使用するなど)

 

コメントは受け付けていません。