「平ゴムをウエストゴムとして使用した時に中折れしたり、ねじれたりして困ったことはありませんか?」

平ゴムウエストゴム(腰ゴム)として筒状にインゴム(総ゴム)で使用して、洗濯をすると中折れしたり、よじれねじれが生じて困ったことのある方は多いと思います。

それを解消してくれるのが、気谷の「RDX」や「LY」シリーズです。この平ゴムは、経編組織の平ゴムで緯糸を特殊な編構造により(太番手の糸を使用しているので)引っ張られても幅が狭くならず、洗濯を重ねても中折れしたり捻れることがありません。

また、他の特徴としては、

Ⅰ:編組織なので速乾性がある。
Ⅱ:全伸張を約2.8倍と大きくしているので締め付けが強くなく着用感がいい。
(痛かったり痒いということがありません)
Ⅲ:ゴム糸の入り率が大きいので耐久性がいい。
(セシール法の2サイクル後でも合格です)

「LY」(ポリエステル/ポリウレタン)の記事は、こちらです。⇓
http://gomupro.com/gomu/gentan/origomu/kiji_81.html

 

「RDX」(ポリエステル/天然ゴム)の記事は、こちらです。⇓
http://gomupro.com/gomu/gentan/origomu/kiji_80.html

 

株式会社気谷
〒929-1171
石川県かほく市木津ハ41-2
TEL:076-285-2010
FAX:076-285-2071

担当:吉本勇人

MAIL: info@kitani-gomu.com

現在使用しているゴムひも・平ゴムで下記のような品質不良が発生して困っていませんか? 
「洗濯して室内で干していたらゴムひもが黄変した」
「ゴムひものパワーがキツくてお腹に食い込む」
「ゴムひものパワーが弱すぎてずり落ちる」
「数回の洗濯でゴムひもが劣化した」
「ゴムひものゴム糸がスリップインした」

ゴムひも・平ゴムを選定する時の注意点(衣料用)

コメントは受け付けていません。