ゴムひも・平ゴムの業界の歴史

ここでは、ゴムひも(紐)平ゴムの業界の歴史を紹介します。(日本国内・石川県・かほく市)

ゴム入り細幅織物ゴム入り平ゴムの全国シェアが約50~60%(シェアは、ゴム入り細幅織物、コールゴムで多少変わります。)の石川県でのゴム紐産業の歴史です。

●明治時代(~1892年)

東京で、スピン機にて組紐を製造されたのが始まりです。

 

●大正12年ごろより(1923年)

石川県羽咋郡末森村米出(現在:羽咋郡宝達志水町)の杉本伊八郎が、東京より細幅織物の製織法を修得して帰り、手織機にて綿テープの製織を行った。その後大正14年に力織機5台を据付けて、ゴム入り細幅織物の製織を開始。

●大正15年ごろより(1926年)

石川県河北郡高松町の宗廣新郎は、杉本伊八郎より技術の伝習を受け、杉本式九本掛力織機ニ台を据付けゴム入り細幅織物の製織に従事し、岡山県・兵庫県姫路市にその販路を開いた。(生産品は、ガーター、バンドなど)

●大正13年(1923年)

石川県河北郡高松町の竹田吉次は、福井県で麻紐を修得し、マニラ麻帽子の裏当を織る織機の改良に努め、金沢市の山田機械店(山田鉄工)の協力を得て、遂に組紐機械の製作に成功し製紐に着手した。これが、かほく市におけるゴム入り組紐(コールゴム)の始まりである。

ゴム入り平組ひも発祥の地の石碑

上の画像は、石川県かほく市高松地内の「ゴム入平組ひも発祥之地」の石碑です。

 

●昭和4年ごろ(1929年)

関西地方に糸ゴム(天然ゴム)メーカーが設立され、ゴム入り織物の生産増進に大きく貢献した。

●昭和12年(1937年)

石川県護謨入織物組合を設立。(組合員36名)

●昭和36年(1961年)

石川県ゴム入織物工業協同組合の創立。(9月26日)(組合員308名)

出資金 1,068万円

 

 

参考文献:「ゴム入細幅織物業の歴史」資料(石川県ゴム入織物工業協同組合)

 

コメントは受け付けていません。