平ゴムについて(織ゴム・編ゴム・コールゴム)

平ゴムとは、丸ゴムに対しての表現であり、帯状・テープ状のゴムひものことを言います。

(丸ゴムの断面は真ん中にゴム糸がありその周りを繊維(糸)が覆っています)

(ここでは、ゴム糸の丸断面のもの(丸ゴム糸)や、四角断面のもの(角ゴム糸)、ゴムシートとは違い、ゴム糸を糸で織ったり、編んだり、組んだりして製造される繊維資材のゴムひものことを説明します)

平ゴムについては、コールゴム・織ゴム・編ゴムと大きく分けて3種類あります。

それぞれ、表面の組織が異なっています。

 

コールゴムは、一般的に、3ミリ程度~15ミリ程度の製品が多いです。

織ゴム・編ゴムは、15ミリ~80ミリ程度(以上)の製品が多いです。

(さらに広い80ミリ~100ミリ~250ミリ~それ以上の超広幅ストレッチベルトもあります。)

 

コールゴムは、小ロット生産が可能です。

織ゴム・編ゴムは、一般的には整経といって経糸をビームに巻く工程が必要なので、糸本数が多く必要で、小ロットの生産の場合、は高コストとなります。

 

コールゴムは、製紐機で糸を組みながら生産していきます。1台に1本のコールゴムを掛けます。

4コール(ゴム糸が4本)、6コールと専用台に掛けます。組糸、ゴム糸が太くなると、幅が広くなります。

 

織ゴムは、ニードル織機で、経糸の中に等間隔でゴム糸を入れて緯糸で織りながら(片側からウエフト ニードルで緯糸を送り反対側の片耳をベラ針で編みながら筬打ちして)生産していきます。

織ゴムの場合は、1台の織機に2~6本程度の織ゴムを掛けることができます。(例:4本掛け⇒4本、機械により違います。)

 

編ゴムは、ラッセリーナ、コメットという経編機で、経糸をひげ針で編みながら生産していきます。

編ゴムの場合は、1台の編機にサイズによって自由に掛けることができます。緯糸の振り幅さえあれば、例えば、30ミリならば10本掛け以上も可能です。

編ゴムの特長は、表と裏で編組織が違うことです。また、思い切り引っ張っても幅が変わりません。

また、編ゴムは、織ゴムと比較すると、速乾性に優れ、中折れしにくいです。

 

このように、平ゴムには、種類があります。用途によって、適した製品を選びましょう。

㈱気谷は全国シェアNo1の「かほく市」の高品質のゴムひも・平ゴム・丸ゴム・織ゴムを直販にてお届けいたします。

㈱気谷の50年以上の歴史が信頼の証拠です!

衣料用・ラッピング用・手芸用の平ゴムのことなら、質問、サンプル製作、ご注文等、株式会社気谷に何でも気軽にご相談ください。

 

株式会社気谷

〒929-1171
石川県かほく市木津ハ41-2

TEL:076-285-2010
FAX:076-285-2071

担当:吉本勇人
mail: info@kitani-gomu.com

 担当者より一言:問合せ担当の吉本です。私が責任を持って対応いたします。

 

コメントは受け付けていません。