株式会社気谷のマスクゴム関連が新聞記事になりました。

5月28日の北陸中日新聞朝刊の地方版(石川版)に、株式会社気谷の記事が掲載されました。
新型インフルエンザ関連で、マスクゴムの需要が増えているので、マスクゴムのフル生産をしていることに関しての記事です。
中日新聞社のサイト内 株式会社気谷マスクゴム関連の記事は、こちらです。↓
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20090528/CK2009052802000172.html
以下に記事の全文を掲載します。↓(記事中の写真は省略しました。)

【石川】

マスクゴムひも フル生産 新型インフル 夏以降も需要予測 

2009年5月28日

かほくの気谷

日曜返上『社会貢献に』

新型インフルエンザに伴うマスク需要の高騰を受け、かほく市木津の繊維資材会社「気谷」が、マスク用ゴムひものフル生産に入っている。七月以降も自治体や企業などの備蓄需要を見込み、他のゴムひも製品が不況で減産が続く中、思わぬ特需となっている。(山森保)

 同社はマスク用として、メーカー向けと手芸店などが扱う手作りマスク向けの二種類を製造している。
 メーカー向けは、防じん、医療用マスクなどを製造する不織布メーカーの中国調達からの切り替えもあり、月二十万メートル規模の大量受注を獲得。当初は六月から生産を計画していたが、新型インフルエンザの世界規模の感染拡大を受け、二週間前倒しになり、受注量もはね上がったという。
 一方、手づくり向けは「カラーマスクゴム」として十色用意し、二年前に市場に投入。これまで細々と売れていた程度だった。ところが、マスクの品薄が問題になり始めた今月上旬以降、大手量販店や手芸店から数十件の注文が相次ぎ、この時期在庫でしのぐはずが、生産を再開。日曜休業も返上し、日量二千三百メートルの生産を続けている。ネット注文も毎日一、二件続いているという。
 国内屈指のゴムひも産地の同市では、このほか数社が特需でフル生産が続いているとみられる。ただゴムひも業界は衣料用の不振に加え、不況でカーシート向けなど産業用も受注が激減。越野勤専務は「中国製品との競合で、利益率は良くないが、社会貢献にもつながる。業績下支えに期待している」と冷静に話している。

 

コメントは受け付けていません。