社員ブログ

【縫製加工の話】調整が大切?薄手生地の縫製もお任せ下さい!

この世界にはいろんな厚さの生地があります。

生地の厚さが薄ければ薄いほどキレイに縫うことは難しくなってきます。

実際に今まで悩まれている方も多いのではないでしょうか?

 

この気谷物流センターにあります、ミシンですが

薄い生地でもキレイに縫えるように特別に調整しています

工業用ミシン(左)と ロックミシン(右)

「工業用ミシン」は一般的な家庭用ミシンと比べるとわかりやすいのですが、

細かい部品の交換が可能なので、対応できる素材が幅広いです。

特に24時間使用できるほど耐久性があるので、

たくさんの量の製品を縫う会社には無くてはならないミシンです。

「ロックミシン」について詳しくは、以下のページをご覧ください。

【縫製加工の話】裏地付き巾着の作り方をご紹介します!

 

 

ミシンの調整

縫いたい生地の厚さ・材質などによって

部品・送り歯の高さ・ミシン針の太さ…などを変えます。

特にミシン針の太さを細いものに変えるなど

一般的な家庭用ミシンと共通しているところが多いと思います。

調整が上手く出来てない場合…

・生地にシワが寄っている

・縫い目の糸が浮いて見える

そこをうまく調整していくことが縫製のおもしろさでもあります。

 

 

縫い目の見本

薄手の生地の中でもよく使用する2種類の生地で実際に縫ってみました!

・薄手ナイロン生地を縫ったとき

工業用ミシンの場合
ロックミシンの場合

・オーガンジー生地

工業用ミシンの場合
ロックミシンの場合

 

 

製品加工

巾着、ティッシュケース、ポーチ、トートバッグなど

過去に薄手のナイロン生地・オーガンジー生地での加工実績があります。

こちらはオーガンジー生地で縫った巾着です

北陸は合繊織物(ポリエステル・ナイロン)の一大生産地であるため、

薄手のナイロン生地、オーガンジー生地の縫製加工のご依頼をいただくこともたびたびあります。

 

縫製のお問い合わせお待ちしております

気谷高松物流センターでは、薄手の生地をはじめ、さまざまな生地を使った縫製や製品の加工を行っております。
以下のフォームから、お気軽にお問い合わせください。

↑お問い合わせフォームはこちら

〒929-1215
石川県かほく市高松ア36-1
株式会社気谷(きたに)高松物流センター
メール kikaku-2@kitani-gomu.com
電話 076-281-1811
営業時間 8:30~17:30

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る