社員ブログ

【縫製加工の話】洋服に頭が入らないを解決します!

「試着せずに買ったら洋服に頭が入らない。」

「ネットで買ったら頭が通りにくい洋服だった。」

すごく気に入って買ったのにどうしよう…

そんなときは後ろ明きを作るのがおすすめです!

ぜひ作ってみてください。

 

 

今回はこちらの大人サイズの洋服に後ろ明きを作ります。

材料

後ろ明きを作るための材料です。

・生地A(見返しに使用) ヨコ6cm×タテ13cm

※裏側に接着芯を貼ってしっかりさせるのがおすすめです!

・生地B(ループに使用) ヨコ4cm×タテ2cm

・生地C(バイアスに使用)  洋服の首周りより長め×タテ3cm

※どちらも生地に対して斜めに裁断します!

・ボタン  約1cm

 

 

1、ループを作る

生地B(ループ)の裏を上にして置きます。

上下を中央に向かって折ります
さらに半分に折り、端から0.2cmのところを縫います

2、ループを洋服に縫う

洋服の後ろ側を上にして写真のように置きます。

中心に印を付けます

生地B(ループ)の端を洋服の中心に合わせて、

上から0.5cmの位置に置きます。

端から0.2cmの位置を縫います

3、見返しを洋服に縫う

生地A(見返し)の周りにロックミシン(ジグザグ縫いやかがり縫い)をかけて、ほつれにくくします。

周りにロックミシンをかけます

裏側に返した生地A(見返し)を洋服の中心に合わせて置きます。

上から10cmのところまで印をつけます
印の周り0.5cmのところをぐるりと縫います
※分かりやすくするためにここだけ赤色の糸で縫っています。
印のつけたところに切り込みを入れ、さらに少し先を切り込みます

生地B(見返し)を洋服の裏側に返します。

折り目から0.2cmのところを縫います
裏側から見るとこんな感じです

これで後ろ明きができました!

4、バイアスを縫う

生地C(バイアス)を半分に折ります

生地C(バイアス)を洋服の首周りに合わせて置きます。

端を1cm出して置きます

生地C(バイアス)の端を1cm折ります。

端から0.5cmのところを縫います

生地C(バイアス)を裏側に返します。

端から0.2cmのところを縫います

5、ボタンを付ける

完成!

お好みのボタンの大きさに合わせてループの長さも合わせてください。

ループは生地以外に、ひもや丸ゴムを使うのもおすすめです。

バイアスは手芸店に売っているので、そちらを使うのもおすすめです。

ぜひこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

縫製のお問い合わせお待ちしております

気谷高松物流センターでは、洋服をはじめ、さまざまな布製品の縫製加工を行っています。
以下のフォームから、お気軽にお問い合わせください。

↑お問い合わせフォームはこちら

〒929-1215
石川県かほく市高松ア36-1
株式会社気谷(きたに)高松物流センター
メール kikaku-2@kitani-gomu.com
電話 076-281-1811
営業時間 8:30~17:30

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る