社員ブログ

まっすぐ縫うだけ!ポンポンテープつき切り替えレッスンバッグの作りかた

定番のかたちのレッスンバッグが、ほんのひと手間で可愛く出来ちゃいます!

生地やレースを組み合わせ…あれこれ悩んでる時間も楽しくなっちゃう♪

今回は、上に切り替えのあるデザインの作り方をご紹介です!

【仕上がりの寸法】 約タテ30㎝×ヨコ40㎝

【材料】
ピンクストライプ(表)…タテ10㎝×ヨコ42㎝ 2枚
ピンク星柄(表) …タテ46㎝×ヨコ42㎝
紫ドット(裏)…タテ62㎝×ヨコ42㎝
芯…タテ8㎝×ヨコ40㎝
接着芯…タテ44㎝×ヨコ40㎝
かばんテープ… 75㎝
ポンポンレース… 85㎝

ぬいしろ込みのサイズです。
※「ぬいしろ」とは…縫ったときに内側に入る生地です。
布を裁つときは仕上りのサイズに「ぬいしろ」をプラスして切ります。

表生地
芯地
裏布生地
ポンポンレース、持ちてテープ

 

 

①芯を貼る

まず、表生地に接着芯を貼ります。
芯はぬいしろを抜いた大きさでカットすると、きれいに仕上がります。

表生地の裏に接着芯を重ねて、アイロンで接着します

 

 

②切り替え部分を縫い合わせる

切り替え部分を繋げます。
ストライプの切り替え上パーツと、星柄の切り替え下パーツを中表に重ねて、下図の赤いラインを端から1㎝で縫います。

※「中表」とは・・・表面を内側に合わせることです。

 

 

③ポンポンレースを縫い付ける

切り替え部分にポンポンレースをつけます。
境目が隠れるように重ねましょう。

ポンポンが押さえに当たって縫いづらいときは、目打ちなどでひとつひとつ押さえの後ろへ送りながら、ゆっくり進みましょう。

両側につけると下図のようになります。

 

 

④持ち手を縫い付ける

中央13㎝ほどの間隔で、ねじれないようにかばんテープを仮止めしましょう。
仮止めなので、生地の端から5㎜くらいの位置で押さえます。
かばんテープは生地から1㎝ほどはみ出す位置につけましょう。

 

 

⑤裏地を縫い合わせる

④で出来上がった表のパーツに、紫ドットの裏地を中表で重ねます。

上図の赤いラインを生地の端から1㎝で重ねて縫います。

両端を縫うと、輪のようにパーツが繋がります。

それを下図のように、表と表、裏と裏が重なるように畳みましょう。

 

 

⑥表地と裏地を縫い合わせる

⑤の図の赤いラインを生地の端から1㎝で縫います。

その際、裏地側に10㎝前後の返し口をつけましょう。

※「返し口」とは…そこだけ縫わずにおいて、あとで表生地を引っ張り出すカ所になります。

 

両端を合わせて縫うポイントですが、まずは★印の「表生地と裏生地の境目」と「切り替えの境目」がずれないように、生地の端から5㎜の位置で仮止めしましょう。

 

 

ポイント① 表生地と裏生地の境目

 

 

ポイント②切り替えの境目

ぬいしろの内側に入るポンポンは、切ってしまうと縫いやすいです

この4カ所を先に押さえておけば、縫いながらずれることを気にする必要もありません。

生地の端から1㎝で両側を縫い、返す前に下図のようにアイロンでぬいしろを割りましょう。

こうすることで、袋口がきれいに仕上がります。

 

 

⑦生地を表に返す

返し口から表生地を引き出します。

返し口から…
ぐいぐいと…
引っ張り出して整えると、こんなかたちになります。

 

 

⑧返し口を閉じる

返し口をなるべく端のほうで縫って閉じます。
手まつりで閉じるともっときれいに仕上がります。

 

 

⑨形を整えて、仕上げをして完成!

裏生地を表生地の中に入れて整えます。
完成です!

…ちなみに、下図のように袋口を端から5㎜ほどの位置で、ぐるっと縫って押さえると、よりきれいに仕上がります!

いかがでしたか?

切り替えの位置や幅を変えればいろんなデザインができますね♪

かわいい生地の組み合わせや、お気に入りのレースを見つけたら是非チャレンジしてみてください!

気谷物流センターのMONO工房は人気のお名前がプリントできる入園・入学グッズをminneにて販売しております。入園・入学の準備を考え中のお母さん、お父さん、是非こちらも覗いてみてくださいね!

 

▼MONO工房 minneページ▼




↑ご注文はこちらから

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る