ポリエステル繊維

ポリエステル繊維は、日本国内で最も生産されている合成繊維です。世界的にみてももっとも多く生産されています。

ポリエステル繊維(polyester)は、1941年に、イギリスのウィンフィールド(Whinfield)とディクソン(Dickson)によって開発された繊維です。1950年前後にDu Pont社(米国)、ICI社(イギリス)によって相ついで工業化されました。

日本では、1958年に帝人と東レがイギリスICI社より技術導入して、生産を開始しました。
(商標は、テトロン:tetoron(テイジンの「テ」と東レの「ト」から命名したものと思われます)

その後、高融点、高強度という実用繊維として必要な基本的特性を備えるとともに、洗濯してもシワになりにくい(ウォッシュアンドウエア性)などの特徴が消費者に歓迎され、衣料用途において急速に拡大しました。

ポリエステル繊維は、家庭用品品質表示法では、「単量体相互の結合部分が主としてエステル結合(-CO・O-)による長鎖状合成高分子からなる繊維」と定義されています。

この定義や、JISの繊維用語の定義に従えば、通常のポリエステル(PET:ポリエチレンテレフタレート)以外に、PTT(ポリトリメチレンテレフタレート)、PBT(ポリブチレンテレフタレート)、ポリ乳酸繊維などが、含まれます。

PETは、ペットボトルに使われている樹脂で、これを繊維化したものがポリエステル(PET)繊維で、ポリエステルは、化学繊維の中で、もっとも多く生産されている繊維です。
(強度・耐熱性などに優れ、経済性にも優位性があります)

特長

強度・磨耗に非常に強い(汎用合成繊維では、ナイロンに次ぐ強度)
弾性力があり、ハリ、コシ、がある(シワ回復性に優れている)
熱伝導率が小さい
熱可塑性がある(プリーツや折り目は洗濯してもとれない)
抵抗力が強い(油類・カビ・虫・細菌などに影響されず、耐薬品性がよい)
耐熱性が高い(融点が約260℃)
吸湿性が低い(疎水性があり乾きやすい)
毛玉(ピリング)ができやすい
染めにくい(一般的に130℃程度の高温・高圧で、分散染料を使用)
長時間日光にさらしても強さはほとんどかわらない
薬品には強いが、耐アルカリ性は低い

用途

そのままで、タイヤコード、織物や編物・組物(組ひも・テープ)として利用。またゴム糸とともに使用(織ゴム・編ゴム・平ゴム・丸ゴム・コールゴム・ゴムひも・平ゴムベルト・エクステ用糸ゴム
混紡や撚糸、かさ高加工等により加工糸織物にされます
ポリエステル65%綿35%の混紡織物(T/C)は、ワイシャツ・ユニフォームなどウォッシュ・アンド・ウエア(繰り返しの洗濯)分野で大量に使われています。
異型糸(光沢・風合いの変化)や、超極細繊維(人工皮革・高密度織物用)も作られています
自動車の内装材やシートベルト、カーテン、カーペット、詰め綿、ふとん綿等
製法

多価アルコールと多価カルボン酸の縮重合によって得られる。

PETポリエチレンテレフタレート:polyethylene terephthalate)の場合、テレフタル酸(TPA)とエチレングリコール(EG)の縮重合により作られます。(溶融紡糸)
ポリエステルの記事(ウィキペディア)は、こちら ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB

 

株式会社気谷

〒929-1171     石川県かほく市木津ハ41-2

TEL:076-285-2010

FAX:076-285-2071

MAIL:info@kitani-gomu.com

 

コメントは受け付けていません。