ナイロン繊維

ナイロン(NYLON)は、1935年アメリカのデュポン社(Du Pont社)の研究員カローザスによって開発されました。

ナイロン(NY)とは、アミド結合( -CO-NH- )によって長く連続した鎖状高分子を紡糸して繊維化した「ポリアミド系」合成繊維の総称です。

1938年にアメリカのデュポン社によって工業化された世界初の合成繊維でした。

当時は、「石炭と空気と水から作られた、蜘蛛(くも)の糸より細く、絹よりも美しく、鋼鉄よりも強い」と云われました。(現在は石油から作られます)

当初、デュポン社の商品名であったが、ポリアミドの一般名として認められ、広く通用しています。

日本では、1950年に東洋レーヨン(現 東レ)がナイロン6の生産化に成功しました。

ナイロンには、いろいろな化学組成のものがありますが、衣料用として量産されているのは、”ナイロン66”(融点約265℃)と”ナイロン6”(融点約215℃)です。

アメリカでは、主に”ナイロン66”が生産されていますが、日本では”ナイロン6”が生産されています。(どちらも比重1.14で、性質は似ています。)
主な製法は、”ナイロン6”は、εーカプロラクタムの開環重合、”ナイロン66”は、アジピン酸とヘキサメチレンジアミンの重合によって作られます。

 

特長

引張強さ、耐屈強性に優れている。

耐摩耗性がよい。

汚れが落ちやすく、速乾性がある。

油類、カビ、細菌、酸・アルカリ、海水にも強い。

弾力性に富み、シワになりにくい。

染色性に優れている。

耐熱性が弱い。(熱可塑性がある⇒熱セットをして反対方向に撚りをかけてウーリーナイロンをつくります)

黄変しやすい。(紫外線等)

薬品には強いが、耐酸性は低い

 

用途

 

衣料用(スキーウエア等のスポーツウエア・ブルゾン・コート・カジュアルウエア・靴下・パンティーストッキング・タイツ・ランジェリー・ファンデーション、婦人肌着・水着・レオタード・雨衣・芯地・裏地)

産業資材(カーペット等のインテリア・カーシート・タイヤコード・エアバッグ・コンピューターリボン・ホース・網・釣り糸・不織布・工業用縫糸等)

スポーツバッグ等のかばん用

平ゴム・織ゴム・丸ゴム・コールゴム・江戸打ひも・テープ・平ゴムベルト

ナイロンの記事(ウィキぺディア)は、こちら ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3

 

 

コメントは受け付けていません。