平ゴム・ゴムひも等の耐久性試験(セシール法)

ゴムひも製品耐久性は、とても大切です。
なぜなら、何度か着用と洗濯をしただけで、劣化・伸び切ってしまう(ヘタってしまう)ような、粗悪な平ゴム・ゴムひも製品もあるからです。

でも、現実に、使用前のゴムひもを見ただけでは、品質の良し悪しは見分けがつきません。

ゴム紐を分解してゴム糸(弾性糸)を取り出し、長さを測定してゴム糸の入り率で比較すればある程度は推定が可能です。

実際のゴムひも製品耐久性試験の1つに「セシール法」というものがあります。

この試験は、洗濯、引張、加熱等を繰り返します。(2サイクル実施)
(実際の長期間の着用・洗濯・保管を想定した試験です)
耐久性がどの程度あるかは、(各サイクル終了時に)試験後のパワーが、初期(試験前)のパワーの何パーセント残っているかを比較して判定します。

40%・80%の伸張時および収縮時において、初期の70%以上のパワーがあるかどうか(保持率)が、判定基準です。(1998年改定)
(1994年制定時は、保持率60%以上でした。)

株式会社気谷では、定期的にゴムひもセシール法等の各種物性試験を公的検査機関で実施しています。

 

また、安定した品質のゴムひも製品を生産するように、日々努力しています。

セシール法の試験方法、判定基準については、下記の通りです。

 

「ゴム紐類耐久性試験 セシール法」 平成6年7月1日制定

判定基準

疲労試験後の保持率が共に60%以上とする。

疲労試験後の保持率が共に70%以上とする。(1998.3.23改定)

試験方法

【1】疲労試験(1サイクル)
a ビーカーに0.5%のマルセル石鹸を入れ、その中に資料を浸漬し沸水中で1時間加熱、処理後は水洗乾燥する
b ギャーオーブン(80℃)で24時間処理する。
c サンシャインウェザーメーター(Bパネル温度63℃・18分/120分噴霧)で8時間処理する。
※(別法)サンシャインウェザーメーターに替え、カーボンフェードメータで2時間ごとに噴霧器により資料を湿潤させる方法(平成6年10月高松試験室確認済み)
d デマッチャー試験機で450回伸長を繰り返す。

掴み間隔6cm、伸長率2.5倍(150%)

【2】引張応力の測定(N=3)
a 条件   ※掴み間隔  5cm
※伸長率   2.0倍(100%)
※初荷重   無し
※引張速度  20cm/分
※繰返し回数 3回
b 測定   40%、80%の伸張時と収縮時の応力を測定する。

(初期の応力の何パーセントあるか?で判定します)


ゴム紐の保管方法についての記事は、こちらです。↓

//gomupro.com/fiber_and_gomu/kiji_46.html

 

㈱気谷は全国シェアNo1の「かほく市」の高品質のゴムひも・平ゴム・丸ゴム・織ゴムを直販にてお届けいたします。

㈱気谷の50年以上の歴史が信頼の証拠です!

耐久性に優れた高品質のゴムひも製品のことや、平ゴム・ゴムひも等の耐久性試験(セシール法)については、株式会社気谷に何でも気軽にご相談下さい。お待ちしています。

株式会社気谷

〒929-1171

石川県かほく市木津ハ41-2

TEL:076-285-2010

FAX:076-285-2071

MAIL:info@kitani-gomu.com

現在使用しているゴムひも・平ゴムで下記のような品質不良が発生して困っていませんか?

「洗濯して室内で干していたらゴムひもが黄変した」
「ゴムひものパワーがキツくてお腹に食い込む」
「ゴムひものパワーが弱すぎてずり落ちる」
「数回の洗濯でゴムひもが劣化した」
「ゴムひものゴム糸がスリップインした」

ゴムひも・平ゴムを選定する時の注意点(衣料用)

 

 

コメントは受け付けていません。