ゴムひもの保管について

ゴムひもの保管方法は、曲げや応力を掛けずに、常温(できるだけ乾燥)で冷暗所に密閉保存が基本です。
(急激な劣化を防止するには、しっかり保管しましょう)

1:直射日光や光にあてないようにしましょう。

ゴムひもは、紫外線により劣化しやすいので、屋内(たんす・濃色の衣装ケースの中)で保管しましょう。(特にナイロン製品・ポリウレタン糸は紫外線に当たると黄変しやすいです。)

2:密閉された状態で保管しましょう。

ゴムひもは、空気中のオゾンによって劣化しやすいので、長期保管する場合は、できるだけポリエチレン・ポリプロピレンなどのビニル袋に密閉して保管してください。

(特にダンボール箱に保管の場合は、必ずビニル袋等で密閉してください。包装フィルムやプラスチック等に含まれているBHT等(抗酸化剤)の添加物などによりガス(昇華ガス)が発生し化学反応によりゴムひもが黄変・黄着する場合があります⇒特にナイロン製品は黄変しやすいです。)

(ちなみに、ポリプロピレン;PPや、ポリエチレン;PEの袋自体も、長期間の紫外線照射によって黄変します)

3:湿気の多い所は避けてください。

ゴム・ゴムひも製品は、多湿の場合、カビが発生するおそれがあります。(繊維製品(生地)にもカビが生じます)

湿気の多い場所は、オゾン劣化もしやすいので注意しましょう。

 

4:洗濯の際、塩素系の漂白剤は使用しないでください。

塩素系漂白剤は、ゴムひも製品を劣化させる強い作用があります。

5:高温での乾燥は避けてください。(長時間のアイロン掛けにも注意)

ゴム糸(特に天然ゴム)に高温(120℃以上の温度)での長時間の加熱・乾燥は避けてください。劣化します。

6:天然・合成ゴム製品は、ドライクリーニングには不適です。

溶剤で膨潤・加熱しているときに、応力がかかると天然・合成ゴム糸が切れてしまいます。

(ポリウレタン弾性糸使用のゴムひも製品は、ドライクリーニング対応なので、ドライクリーニング可能です)

7:保管の際に、ゴムひも製品に応力をかけたり、無理に曲げたりしないでください。

ゴムひもが引っ張られたままで保管したり、曲がった状態で押さえつけられると応力が掛かり劣化しやすくます。

ゴムひもはゴムの入り率にもよりますが、引っ張らなくても応力が掛かっているのです)

(従って、ゴム糸の入り率の大きい製品の方が耐久性があり、長持ちします)

(また、ゴム糸の太い製品の方が耐久性があり、長持ちします)

8:保管の前に汚れをしっかり落としてください。

ゴムひも製品の、(特に)海やプールでの使用後や油汚れ等は、洗濯して落として保管してください。

 

ゴム紐の耐久性試験(セシール法)についての記事は、こちらです。↓

//gomupro.com/fiber_and_gomu/kiji_44.html

 

全国シェアNo1の「かほく市」の高品質のゴムひも・平ゴム・丸ゴム・織ゴムを直販にてお届けいたします。

㈱気谷の50年以上の歴史が信頼の証拠です!

ゴム紐のことなら、質問やサンプル製作、見積もり、ご注文等、株式会社気谷になんでも気軽にご相談ください。 お待ちしています。

 

株式会社気谷

〒929-1171     石川県かほく市木津ハ41-2

TEL:076-285-2010

FAX:076-285-2071

MAIL:info@kitani-gomu.com

 

担当者より一言:私が責任を持って対応いたします。

 

 

コメントは受け付けていません。