経編機の紹介

080626_111955_M.jpg

上の画像は、経編機の写真です。編ゴムを生産しています。

手前に見えるのが、経編機です。毎分800~1,000回転くらいのスピードで生産します。
経編機は、ひげ針で経糸を編んでいきます。緯糸は通常、表・裏と別々にあって、表裏の組織は違います。

経編機の場合は、ニードル織機のように1台に掛ける本数が決まっていないので、幅によって自由に掛本数が変更できます。(編ゴムは、織ゴムに比べると一般的に生産性が高いです。)

写真の場合は、経糸がクリル方式で、弾性糸は、整経方式です。

クリル方式の場合の長所は、大量の糸を使用して繋ぎ替えが少なくてすむことです。

整経方式の場合の長所は、コンパクトで場所をとらないことと、テンション管理がしやすいことです。

 

編ゴムの特長は、

1. 縦・横方向に伸縮性がある。

2. 通気性が高い。(速乾性がある。)

3. ドレープ性がある。(柔らかい・折れ曲がりやすい)

4. しわになりにくい。

5. 一般的に、インゴムで使用の場合、編ゴムは、織ゴムに比べて中折れしにくい。

 

 

コメントは受け付けていません。