ダブルカバーリング機

ダブルカバーリング機

上の画像は、ダブルカバーリング機の写真です。

ダブルカバーリング機は、DCY(ダブルカバードヤーン:double covered yarn)を製造する機械です。

(DCYの他には、SCY(シングルカバードヤーン:single covered yarn)もあります。)

DCY: 弾性糸に下糸を巻き、その上に上糸を巻いたもの

SCY: 弾性糸に糸を1回巻いたもの

DCYとは、FTY(フィラメントツイスティッドヤーン:filament twisted yarn)の一種で、天然・合成ゴム糸や、ポリウレタン弾性糸を芯にして、周りに糸を2重に巻いたものです。

巻きゴム、または、横巻ゴムと呼ぶ場合もあります。

写真のカバーリング機は、天然ゴム・合成ゴム使用の太番手のDCYを生産するタイプです。
(他にゴムカタンエクステンション用)、天然ゴムシャーリング等のエクステ用糸ゴム・靴下・サポーター用を生産する細番手タイプの機械もあります)

太番手のDCYは、細幅のゴム入り織物や編物の材料として使われます。

天然・合成ゴム糸は、画面の奥の方から投入されて1本ずつ分線されてボビンのパイプの中を通ります。

ゴム糸に下糸が右撚りに巻かれ、その上に上糸が左撚りで巻かれます。

巻き上げられたDCYは、上部の紙管に巻かれます。

カバーリングの目的は、製品の中でゴム糸がスリップインするのを防ぐのと、コスト面、カラーの問題、(設定伸度)等の目的があります。

ボビンのスピンドルは、毎分、約6,000~10,000回転の高速で回ります。

よりよい平ゴムベルト、織ゴム、編ゴム等の製品を作るためには、安定した品質のDCYが必要ですね。

 

コメントは受け付けていません。