ミシン

本縫いミシンと便利な押さえのご紹介

今回は本縫いミシンと便利に使える押さえについてお話ししたいと思います。

本縫いミシン

本縫いミシンとは、ミシン目と呼ばれる1本の点線ないし破線状の縫い目が特徴です。

縫針1本に対して、針に通した糸(針糸)とボビンという釜の回転によって送り出される下糸(ボビン糸)計2本の縫糸が使われます。

本縫いミシン
一般的な押さえ

次に大変便利な押さえの紹介をしたいと思います。

便利な押さえ

まずはこちらの爪付き押さえ

布端のコバステッチや縫い合わせなどに便利なのが爪付押さえです。

また、針落ち右側段差を利用してガイドするときは、こちらの右爪付押さえを使います。

右爪付き押さえ

そして、これは左爪付き押さえです。

左爪付き押さえ

次に、こちらの段押さえ

段押さえ
段押さえでステッチ

段付き押えとは、押えの段差に生地を当てて縫い進めることにより、生地の端に安定して綺麗にステッチをかけられます。

以上。便利な押さえの紹介をしました。

お問い合わせ

    【必須】お名前
    [任意]会社名
    【必須】メールアドレス
    【必須】電話番号
    [任意]FAX
    【必須】郵便番号
    【必須】都道府県
    [任意]ご住所
    【必須】お問い合わせ内容【複数選択可】
    【必須】お問い合わせの詳細
    [任意]イメージ図をpdf.やjpg.などで添付(ai.データは後ほどお送りする返信メールへ添付してください)

    コメントを残す

    *