ミシン

裏地付き巾着の作り方をご紹介

今回は入園入学グッズの必須アイテム、大人の小物入れにも便利な巾着の作り方をご紹介します!

巾着の仕上がりサイズ

タテ約20㎝×ヨコ約18㎝

巾着の材料

必要な材料は表地と裏地とひも

生地 タテ47㎝×ヨコ20.5㎝(ぬいしろ込み)

裏生地 タテ39㎝×ヨコ20.5㎝(ぬいしろ込み)

ひも  120㎝くらい

ぬいしろ」とは…縫ったときに内側に入る生地です。

布を裁つときは仕上りのサイズに「ぬいしろ」をプラスして切ります。

巾着の作成手順

あき止まりの印をつけます

まず表生地を下図のように、縦方向で上から8㎝、下から8㎝の位置にあき止まりの印を4ヵ所つけます。

あき止まり」とは…あき口の終わりのヵ所です

裏生地は上から4㎝、下から4㎝の位置で同じように印をつけます。

巾着に必要なあき口に表地裏地共に印をつける

生地端を縫っていきます

表生地を上下半分に折り、①でつけた印を合わせます。

その後、布の端から1㎝の印位置から、底へ向かってまっすぐ縫います。

この時、縫い始めと縫い終りは返し縫いをしてください。

裏生地も同様に縫います。

※「返し縫い」とは2~3針往復して縫い、糸がほどけないようにする事

早速巾着をミシンで縫っていきます
巾着の表地と裏地を縫ったところ

アイロンで縫い代を割ります

表、裏生地のぬいしろをアイロンで割ります。

あき口も自然につながるように1㎝に折って割ります。

巾着の返し口にもアイロンをかけておく

生地を表に返して表地の中に裏地をセットします

表生地の表側が外にくるように、ひっくり返します。

その後、表生地と裏生地の裏側同士を合わせるように、ひっくり返した表生地の中に裏生地を入れます。

あき止まりの位置をぴったり合わせてください。

表地に裏地をセットしたところ
巾着のあき口止まりを合わせておくのがコツ

返し口にステッチをかけます

表生地と裏生地を重ねて、あき口を下図のように「コの字」に縫います。

この時も、縫い始めと縫い終りは返し縫いをしてください。

もしも合わせて縫うのが難しい場合、しつけ糸で仮止めしておくと縫いやすいです。

縫い上がりは裏生地の重なってない部分が4㎝くらいになります。

あき口にステッチをかける

袋口を縫います

最後に袋口のひも通し部分を縫います。

まずアイロンで端から1㎝と3㎝に折り目をつけると縫いやすいです。

次に1㎝中にぬいしろを入れ、2㎝の幅に折りながら縫います。縫い始めと縫い終りは返し縫いをしてください。

これで袋ができ上がりました。あとはひも通しです。

巾着のひもを通す部分を作る

ひもを通したら巾着のできあがり!

120㎝のひもを半分に切ります。

それを、左右からひもを通して結べば完成です!

裏地付き巾着の出来上がり

ちなみに、裏生地がついているので、薄い生地で作ってもしっかりしていて頼もしいです。

お気に入りの生地の組み合わせを見つけたら、ぜひチャレンジしてみてください!

お問い合わせ

    【必須】お名前
    [任意]会社名
    【必須】メールアドレス
    【必須】電話番号
    [任意]FAX
    【必須】郵便番号
    【必須】都道府県
    [任意]ご住所
    【必須】お問い合わせ内容【複数選択可】
    【必須】お問い合わせの詳細
    [任意]イメージ図をpdf.やjpg.などで添付(ai.データは後ほどお送りする返信メールへ添付してください)

    コメントを残す

    *